鳥取大学 農学部 獣医学科 学費・入試科目・受験料・募集人数・特徴を確認

鳥取大学 農学部 獣医学科 の募集要項、試験科目、受験料、学費、カリキュラム、偏差値、ボーダーライン

2016年度募集要項

募集人数 センター試験日 二次試験日
前期 30名 1/16(土)
1/17(日)
2/25(木)
後期 募集しない

受験料(2015年度参考)

17,000円

入試難易度・偏差値・ボーダーライン

得点率 偏差値
獣医(前期) 78% 62.0
獣医(後期) 募集なし

※入試難易度(ボーダーライン)について
ボーダーラインは河合塾が設定した合否の可能性が50%に分かれるラインを意味します。ボーダーラインにはセンター利用大(短大)用に設定されているボー ダー得点率と、国公立大の個別学力検査(2次試験)および私立大・短大・専門学校等の一般入試用に設定されているボーダー偏差値があります。なお、本一覧 は2015年度「第3回全統マーク模試」の結果からみた難易予想を示したものです。

※ボーダー偏差値について
河合塾設定による各大学が個別に実施する試験(国公立大の2次試験、私立大の一般方式など)の難易度を全統模試の偏差値帯で示しています。なお、ボーダー ラインの設定基礎となる2015年度入試結果調査データにおいて、不合格者数が少ないため合格率50%となる偏差値帯が存在せず、ボーダーラインが設定で きなかった場合、ボーダーフリーとなり空白で記載しております。

入試科目

前期

センター試験

  • 国語
  • 地理歴史(世界史A、B、日本史A、B、地理A、Bから1科目選択)
    または公民(現社、倫理、政経、倫・政経から1科目選択)
  • 数学(Ⅰ・A、Ⅱ・B)
  • 理科(物理、化学、生物、地学から2科目選択)
  • 外国語(英語<リスニング含む>、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1科目選択)

2次試験

  • 理科(物理基礎・物理、化学基礎・化学、生物基礎・生物から1科目選択)
  • 外国語(英語<コミュⅠ・コミュⅡ・コミュⅢ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ>)

後期

募集なし

学費

  • 入学料:282,000円
  • 授業料:535,800円(年額)
  • 入学時諸経費:31,840円
  • 初年度に必要な教科書代:50,000円程度

鳥取大学 農学部 獣医学科の特徴・カリキュラム

鳥取大学 農学部 獣医学科 の募集要項、試験科目、受験料、学費、カリキュラム、偏差値、ボーダーライン

2013年から岐阜大学との共同獣医学科となり、より高度で専門的な教育を実現した。

一部の専門科目は、テレビ会議システムなどによる遠隔講義システムで両大学同時に授業を行ったり、双方の大学に移動して受講する科目もある。

生物学を基礎とした獣医学の知識、技能、実践能力を授け、さらに人類と動物の福祉に貢献する社会的使命感を備えた人材を育成することを教育理念としており、以下の5点に重点を置いた教育を行っている。

  1. 講義、実習、演習を通じて獣医学の基礎知識を体得させるとともに獣医師としての技能を学ばせる。
  2. 卒業論文の作成を通じて、獣医学に必要な創造力、思考力、研究能力を教育する
  3. 国家試験科目だけにおさまらない授業科目を設置することで、獣医師としてより幅広い知識を学ばせる。
  4. 実際の職場での現地実習や学外の研究機関・研究者たちとの交流を通してより実践的な考え方を学ばせる。
  5. 海外の大学を含む学外機関への研修や交換留学などにより、国際的で高度化された獣医学を学ばせる。

カリキュラムは基礎獣医学、病態・予防獣医学、臨床獣医学の3学科で構成されている。

基礎獣医学科

動物の形態・生体機能・薬理作用、産業動物の飼育管理を学ぶ。

病態・予防獣医学

動物の病気が起こる仕組みや、病気を起こす微生物・ウイルスについて学ぶ。

臨床獣医学

問診などによる動物の病気の原因解明や診断・治療・予防法、動物の繁殖や育種に関することを学ぶ。

また附属動物病院の各診療科で、動物の診察や治療を実地見学し、症例の検討を行う臨床総合実習によって獣医師の診療行為の基本を学んでいく。

これら専門科目の履修に加えて、4年次以降の3年間、希望の研究室に所属して各自の研究テーマにそった実験を行いながら卒業論文を完成させていく。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ