帯広畜産大学 畜産学部 共同獣医学課程の学費・入試科目・受験料・募集人数・特徴を確認

帯広畜産大学 畜産学部 共同獣医学課程 の募集要項、試験科目、受験料、学費、カリキュラム、偏差値、ボーダーライン

2016年度募集要項

募集人数 センター試験日 二次試験日
前期 25名 1/16(土)
1/17(日)
2/25(木)
後期 11名 1/16(土)
1/17(日)
2次試験なし

受験料(2015年度参考)

17,000円

入試難易度・偏差値・ボーダーライン

得点率 偏差値
獣医(前期) 81% 65.0
獣医(後期) 71%

※入試難易度(ボーダーライン)について
ボーダーラインは河合塾が設定した合否の可能性が50%に分かれるラインを意味します。ボーダーラインにはセンター利用大(短大)用に設定されているボー ダー得点率と、国公立大の個別学力検査(2次試験)および私立大・短大・専門学校等の一般入試用に設定されているボーダー偏差値があります。なお、本一覧 は2015年度「第3回全統マーク模試」の結果からみた難易予想を示したものです。

※ボーダー偏差値について
河合塾設定による各大学が個別に実施する試験(国公立大の2次試験、私立大の一般方式など)の難易度を全統模試の偏差値帯で示しています。なお、ボーダー ラインの設定基礎となる2015年度入試結果調査データにおいて、不合格者数が少ないため合格率50%となる偏差値帯が存在せず、ボーダーラインが設定で きなかった場合、ボーダーフリーとなり空白で記載しております。

入試科目

前期

センター試験

  • 国語
  • 地理歴史(世界史A,B、日本史A,B、地理A,Bから1科目選択)
    または公民(現代社会、倫理、政治経済、倫・政経から1科目選択)
  • 数学(Ⅰ・A必須。Ⅱ・B、工業数理基礎、簿記・会計、情報関係基礎から1科目選択)
  • 理科(物理、化学、生物、地学から2科目選択)
  • 外国語(英語<リスニング含む>、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1科目選択)

2次試験

総合問題(数学Ⅰ・Ⅱ・A・B、物理基礎・物理、化学基礎・化学、生物基礎・生物、英語コミュⅠ・Ⅱ・Ⅲからの出題)

後期

センター試験

前期と同じ

2次試験

なし

学費

  • 入学料:282000円
  • 授業料:535800円(年額)
  • 入学時諸経費:31840円
  • 初年度に必要な教科書代:50000円程度

帯広畜産大学 畜産学部 共同獣医学課程の特徴・カリキュラム

帯広畜産大学 畜産学部 共同獣医学課程 の募集要項、試験科目、受験料、学費、カリキュラム、偏差値、ボーダーライン

2012年から北海道大学と連携した共同獣医学教育となり、より実践的かつ先進的な獣医学教育を行っている。

「基盤教育」「共通教育」「展開教育」の3つの教育分野からなるカリキュラムを採用している。

基盤教育

「基盤教育総合科目」「学ぶ基盤」「生きる基盤」「共通基盤」の4つの科目群を設置。学生が学んでいくための基盤となる知識や技術を形成し、社会人・プロフェッショナルとして生きていくために必要となる幅広い知識や能力を育成する。

共通教育

獣医農畜産の幅広い分野に関する基礎知識や体験を身に着けていく過程のなかで、目的意識や職業意識を育み、将来に各人が専門としていく特定の分野においての主体的な取り組みの心構えや、学習の基礎をつくることも目的としている。

展開教育

二年生後期以降に開講される。学生の目的意識や要望する進路に応じて、実際に働く現場に密着した多様な専門職業教育を提供する。

共同獣医学課程の中枢をなす獣医学は、生物学を基礎としている動物医学である。

生物がそれぞれ有する生命の基本原理と、生物体相互間にみられる生物事象を総合的に科学することが主な内容となる。

環境内における人間と動物との共生や、動物の保健向上に必要となる理論と実践の追求を通して、人類に安全な動物性食品を提供するとともに、

動物及び人間の福祉に寄与することを基本理念としている。

展開教育で実施されるカリキュラム「獣医学ユニット」では、国際化に対応した社会に貢献できる獣医師の育成を目指した職業訓練を行うとともに、

しっかりとした人生観や生命感を持った獣医としての人格教育や、創造性豊かな思考能力の育成のための総合的科学教育を行っている。

これからの社会の様々な分野で活躍することのできる次世代の獣医師の育成を行っている。

国際教育アドバンストモデル

青年海外協力隊、JICA など国際協力機関海外展開を行っている農畜産関連企業、NGO・NPO 職員など、

グローバル化にともなって国際的に活躍する獣医師が増えていることを受けて2014年に新設された。

学部卒業後又は大学院進学・修了後速やかに国際舞台で活躍したいと考えている学生、組織の国際部門で活躍したいと考えている学生等を対象に、外国人との高 いコミュニケーションスキルの習得や地球規模課題が顕著である開発途上国の獣医農畜産事情等を深く理解するために効果的な科目を履修するモデル「国際教育 アドバンストモデル」を用意し、サポートする体制をつくっている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ