山口大学 獣医学部 獣医学科 学費・入試科目・受験料・募集人数・特徴を確認

山口大学 獣医学部 獣医学科 の募集要項、試験科目、受験料、学費、カリキュラム、偏差値、ボーダーライン

2016年度募集要項

募集人数 センター試験日 二次試験日
前期 21名 1/16(土)
1/17(日)
2/25(木)
後期 6名 1/16(土)
1/17(日)
3/12(土)

受験料(2015年度参考)

17000円

入試難易度・偏差値・ボーダーライン

得点率 偏差値
獣医(前期) 81% 62.5
獣医(後期) 84%

※入試難易度(ボーダーライン)について
ボーダーラインは河合塾が設定した合否の可能性が50%に分かれるラインを意味します。ボーダーラインにはセンター利用大(短大)用に設定されているボー ダー得点率と、国公立大の個別学力検査(2次試験)および私立大・短大・専門学校等の一般入試用に設定されているボーダー偏差値があります。なお、本一覧 は2015年度「第3回全統マーク模試」の結果からみた難易予想を示したものです。

※ボーダー偏差値について
河合塾設定による各大学が個別に実施する試験(国公立大の2次試験、私立大の一般方式など)の難易度を全統模試の偏差値帯で示しています。なお、ボーダー ラインの設定基礎となる2015年度入試結果調査データにおいて、不合格者数が少ないため合格率50%となる偏差値帯が存在せず、ボーダーラインが設定で きなかった場合、ボーダーフリーとなり空白で記載しております。

入試科目

前期

センター試験

  • 国語
  • 地理歴史(世界史B、日本史B、地理Bから1科目選択)
    または公民(倫・政経)
  • 数学(Ⅰ、Ⅰ・Aから1科目選択、Ⅱ、Ⅱ・Bから1科目選択)
  • 理科(物理、化学、生物、地学から2科目選択)
  • 外国語(英語<リスニング含む>、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1科目選択)

2次試験

  • 数学(Ⅰ・Ⅱ・A・B)※一部範囲除く
  • 理科(物理基礎・物理、化学基礎・化学、地学基礎・地学から1科目選択)

後期

センター試験

  • 数学(Ⅰ・A、Ⅱ・B)
  • 理科(物理、化学、生物から2科目選択)
  • 外国語(英語<リスニング含む>、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1科目選択)

2次試験

  • 面接

学費

  • 入学料:282,000円
  • 授業料:535,800円(年額)
  • 入学時諸経費:31,840円
  • 初年度に必要な教科書代:50,000円程度

山口大学 獣医学部 獣医学科の特徴・カリキュラム

山口大学 獣医学部 獣医学科 の募集要項、試験科目、受験料、学費、カリキュラム、偏差値、ボーダーライン

2012年から鹿児島大学との共同獣医学科となり、
山口大学の特色「伴侶動物の高度獣医療」と鹿児島大学の特色「産業動物の高度獣医療」を併せ持つより高度で専門的な教育を実現した。

一部の専門科目は、テレビ会議システムなどによるリアルタイム遠隔講義システムで両大学同時に授業を行い、同じ専門教育科目を同じシラバスと時間割で受講する。

人と動物の関係を科学的に追求し、動物と人類の福祉、食資源とその安全性の確保、高度獣医療および生命科学研究に貢献できる獣医師と獣医学研究者の教育を目的としている。

カリキュラムは大きく3つの分野がある。

基礎獣医学分野

脊椎動物の形態と機能を研究する分野であり、病態・予防獣医学や臨床獣医学の基礎を支えている。

様々な研究器具(電子顕微鏡など)を用いて生物の形態を追求する分野、神経生理学的手法、生化学的手法、薬理的手法を用いて生物の機能を追求する分野の教育研究を行う。

病態・予防獣医学分野

現在獣医領域で問題となっている感染症、免疫病、腫瘍、代謝疾患の基礎的研究とその予防・治療法を分子生物学、微生物学、免疫学、病理学などの最新の研究を駆使して解明する。

さらにこれらの研究結果を応用して人間の健康維持、家畜の生産性向上・品種改良などを目指した教育研究を行う。

臨床獣医学分野

人間に関わりある動物(産業動物・伴侶動物・水生生物、実験動物、動物園動物など)の健康を管理することにより社会に貢献する獣医の教育を目指す。

臨床免疫学、寄生虫病学、臨床病理学、放射線学、麻酔学、神経生理学、胚移植などの理論と技術を駆使して高度の診断技術と的確な治療法を確立する。

また病因の解明、予防法の開発や優秀な家畜を生産するための教育研究を行う。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ