北海道大学 獣医学部 共同獣医学課程の学費・入試科目・受験料・募集人数・特徴を確認

北海道大学 獣医学部 共同獣医学課程 の募集要項、試験科目、受験料、学費、カリキュラム、偏差値、ボーダーライン

2016年度募集要項

募集人数 センター試験日 二次試験日
前期 20名 1/16(土)
1/17(日)
2/25(木)
後期 15名 1/16(土)
1/17(日)
3/12(土)

受験料(2015年度参考)

17,000円

入試難易度・偏差値・ボーダーライン

得点率 偏差値
共同獣医学科(前期) 89% 67.5
共同獣医学科(後期) 85% 67.5

※入試難易度(ボーダーライン)について
ボーダーラインは河合塾が設定した合否の可能性が50%に分かれるラインを意味します。ボーダーラインにはセンター利用大(短大)用に設定されているボー ダー得点率と、国公立大の個別学力検査(2次試験)および私立大・短大・専門学校等の一般入試用に設定されているボーダー偏差値があります。なお、本一覧 は2015年度「第3回全統マーク模試」の結果からみた難易予想を示したものです。

※ボーダー偏差値について
河合塾設定による各大学が個別に実施する試験(国公立大の2次試験、私立大の一般方式など)の難易度を全統模試の偏差値帯で示しています。なお、ボーダー ラインの設定基礎となる2015年度入試結果調査データにおいて、不合格者数が少ないため合格率50%となる偏差値帯が存在せず、ボーダーラインが設定で きなかった場合、ボーダーフリーとなり空白で記載しております。

入試科目

前期

センター試験

  • 国語
    *地理歴史(世界史B、日本史B、地理Bから1科目選択)
    または公民(倫・政経)
  • 数学(Ⅰ・A必須。Ⅱ・B、工業数理基礎、簿記・会計、情報関係基礎から1科目選択)
  • 理科(物理、化学、生物、地学から2科目選択)
  • 外国語(英語<リスニング含む>、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1科目選択)

2次試験

  • 数学(Ⅰ・Ⅱ・A・B)※1部範囲除く
  • 理科(物理基礎・物理、化学基礎・化学、生物基礎・生物から2科目選択)
  • 外国語(英語<コミュⅠ・コミュⅡ・コミュⅢ・表現Ⅰ・表現Ⅱ>、ドイツ語、フランス語、中国語から1科目選択)

後期

センター試験

前期と同じ

2次試験

  • 理科(物理基礎・物理、化学基礎・化学、生物基礎・生物から2科目選択)
  • 面接

学費

  • 入学料:282000円
  • 授業料:535800円(年額)
  • 入学時諸経費:31840円
  • 初年度に必要な教科書代:50000円程度

北海道大学 獣医学部 共同獣医学課程の特徴・カリキュラム

北海道大学 獣医学部 共同獣医学課程 の募集要項、試験科目、受験料、学費、カリキュラム、偏差値、ボーダーライン

2012年から、帯広畜産大学と連携した共同教育課程となり、より実践的かつ先進的な獣医学教育を行っている。

動物の病気の診断・治療・予防だけでなく、安全な動物性食品の供給、医薬品の開発、生物科学への貢献、野生動物の保護と管理、人獣共通感染症の制圧など、社会の多様な要請に応えられる獣医師および獣医学研究者を育成する。

カリキュラムは、大きく3つで構成されている。

  • 全学共通の内容で開講される教養科目
  • 全学共通の内容で開講される基礎科目
  • 獣医学の基礎・応用・臨床にわたる行動の知識・技術を学ぶ専門科目

専門科目は、獣医学全般にわたる共通科目と、生物医科学、病因病態学、応用獣医学、臨床獣医学という4つの領域の授業で構成される。

生物医科学

各種の動物の臓器・細胞・組織の構造と機能やそれらの構成成分の構造や代謝などについて学ぶ。

病因病態学

動物の諸疾病の原因、特に最近やウイルス、寄生虫の形態や物理化学的性状、増殖様式について、また疾患した動物について、環境と生物生態学について学ぶ。

応用獣医学

家畜の伝染病の発生の諸要因と予防・制圧、公衆衛生学(環境衛生、食品衛生、人獣共通伝染病)に関することを学ぶ。

臨床獣医学

動物の諸疾病の内科的・外科的診断と治療法、各種動物の繁殖生理学・繁殖障害、病理発生・病理形態学的変化などについて学ぶ。

専門科目においては、初年度に総合講義や基礎演習を行い、獣医学に対する一般的な理解を図り、徐々に専門的な内容に踏み込み、最終年次においては専門教育の成果を問う目的で卒業論文を課す。

卒業論文のための研究を行うには、比較形態機能学、動物疾病制御学、診断治療学、環境獣医学、ブリオン病学のゼミいずれかに所属する。

外国語科目として、獣医学領域における実践的な英語教育も行っていたり、

また昨今では、東京大学・酪農学園大学と連携して、ASEANを代表とする日本とタイでの交換留学なども行っており、

国際的に活躍できる意識をもった獣医師の教育に努めている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ