獣医師になるには。獣医のなり方ステップと獣医師国家試験の合格率

「大好きな動物たちを助ける立派な獣医になりたい!」

「動物のプロフェッショナルである獣医になって、人と動物が一緒に暮らしやすい世の中を支えたい」

獣医を志す理由はそれぞれですが、ではどのようなステップで獣医になれるのでしょうか。

獣医のなり方をまとめてみました。

獣医のなり方ステップ

獣医師になるには。獣医のなり方ステップ

  1. 高校を卒業する。または大学入学資格検定を受験して取得する。
  2. 獣医学部のある大学に入学する
    ↓6年間獣医学部で学び、卒業必要科目単位を全て取得する。
  3. 獣医師国家試験に合格する
    ↓毎年3月
  4. 資格申請
    ↓農林水産省に資格を登録申請
  5. 獣医師免許証の取得
  6. 獣医として就職・開業

獣医になるためには、獣医学部のある大学で正規の科目を修めて卒業する必要があります。

現在、獣医学部のある大学は、国立10校(帯広畜産大学、北海道大学、岩手大学、東京大学、東京農工大学、岐阜大学、鳥取大学、山口大学、宮崎大学、鹿児島大学)公立1校(大阪府立大学)私立5校(酪農学園大学、北里大学、日本大学、日本獣医生命科学大学、麻布大学)の16校となっております。

獣医学部はどこの大学でも6年制になっています。

さらに、獣医師国家試験を受けて合格する必要があります。国家試験は学科試験と実技試験に分かれています。

無事試験に合格したら、農林水産省に免許の交付申請手続きを行うことで、獣医師名簿に登録されて農林水産大臣による獣医師免許証を取得することができます。

免許の取得後は、動物病院に就職したり、公務員試験を受けて公務員の獣医として就職したりと人それぞれになります。

大学の獣医学部で学ぶこと

基本的には国家試験合格のために必要な事は全て大学で学ぶことができます。

学科としては、下記のようなものが大学のカリキュラムに含まれます。

  • 家畜解剖学
  • 家畜薬理学
  • 家畜寄生虫学
  • 家畜臨床繁殖学
  • 家畜伝染病学
  • 実験動物学
  • 家畜生理学
  • 家畜病理学
  • 家畜内科学
  • 獣医放射線学
  • 獣医公衆衛生学
  • 魚病学
  • 家畜生理化学
  • 家畜微生物学
  • 家畜外科学
  • 家畜衛生学
  • 毒性学

これらの学科を通して、動物の生態のプロとしての知識を身につけていきます。

また、これらと平行して、大学付属の動物病院や実際に牧場に実習にいくなどによって、解剖・実験・飼育演習などの実技のカリキュラムを行っていくことになります。

獣医師国家試験の合格率は平成26年度で約80%

毎年3月に行われる獣医師国家試験を、大学の在学中に受験することとなります。

毎年の合格率は80%前後となっており、獣医学部の学生さんがみんな頑張って勉強することもあって、高い合格率となっています。

不合格になった場合は、1年浪人をして次の年に再受験となります。


いかがでしょうか。

獣医の方に話を聞くと、獣医学部での6年間は非常に充実した忘れられない期間になるようです。

同じ夢を志す仲間達と、励まし合って一生懸命勉強をしたり、時には一緒に遊んだり。

ただなんとなく大学に通ってバイトをして日々を過ごす大学生とは違った、大変だけど充実した生活になるそうです。

いずれにしても、獣医を目指すのであれば、まずは獣医学部に入学するための大学受験ですね。

このサイトでは獣医学部の受験についても記事を書いていますので参考にしてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ