獣医に向いている・適正のある人ってどんな人?

一言で獣医と言っても実際には、動物病院の先生から研究員、ペット関連企業の社員など非常に多くの仕事があるので

向いている人・向いていない人を一概に言うのはとても難しいのですが、幾つか共通している点はあるので紹介します。

動物に対する愛情と同時に冷静な心を持てる人

動物の命をあずかる仕事ですから、色々な動物に対して愛情を持てる心は必須ですよね。

ただ一方で、愛情だけではなく、時には医師として冷静な心を持つことが必要なのも事実です。

動物と接していて、最善を尽くしても時には助からない場面や、助かる見込みが無く苦しんでいる動物を苦しさから解放してあげるためや

伝染病を広げないために安楽死という方法をとる場合もあります。

そういった動物を愛する心を、冷静な心で自ら抑えるような強さが無いと辛い仕事となってしまいます。

好奇心が旺盛な人

獣医の仕事をしていると常に新しいことを勉強しなければいけない機会が多いです。

例えば動物病院の先生であれば、昨今では犬・ネコだけで無く、ウサギ・モルモット・フェレットなどなど、大学ではほとんど学ばない

動物の患者が増えています。そういった時にも、海外から本を取り寄せて自分から勉強をしていかなければいけません。

新しい事を学ぶのが好きではない好奇心があまり無い人には辛い仕事です。

人とコミュニケーションを取るのが苦に感じない人

患者さんが動物であっても、飼い主さんはもちろん人間です。

医師・先生であるあなたの一言は、飼い主にとっては重い・重要な言葉です。

動物病院であっても、牧場に行っての診察であっても、色々な飼い主さんがいらっしゃいます。

飼い主さんごとにそれぞれ気持ちも違いますし、医師であるあなたはコミュニケーションをしながら要望を汲み取り、

親身になって患者である動物のことを一緒に考える必要があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ